Team:Chiba/protocol/j

From 2008.igem.org

>ノートに戻る


Contents

[edit] 形質転換

  • 形質転換(通称:トラフォ)とは?
外部からDNAを加えて、その生物の性質を変える操作のことです。
アイジェムチバ2008では、XL10GOLD,BW35113,などの大腸菌株を使用しています。

[edit] Z コンピ

Z-Competentcellsを使った形質転換のプロトコル。

[edit] エレクトロポレーション

アイジェムチバ2008では使用履歴なし。

[edit] DNA精製

  • DNA精製(通称:ミニプレ)とは?
スモールスケールで生物からプラスミドを精製することです。

[edit] シグマプレップ

Sigma Miniprep kit によるDNA精製プロトコル

[edit] キアプレップ

QIAprep Spin Miniprep kit によるDNA精製プロトコル

[edit] ザイモDNAクリーン

ライゲーション過程などで必要不可欠なザイモクリーンのプロトコルです。

[edit] アガロースゲル電気泳動

  • アガロースゲル電気泳動(通称:ゲル電)とは?
DNAを分離する手法のことです。
さまざまな実験操作後で、DNAの長さを確認する際によく使います。またライゲーションのためのゲル抽出の際にも行う操作です。
経験を積むほど素敵なゲルを作成することができます。職人の知恵と力量が試されます。簡単に言うときれいなゲルほど良いバンドがでるんです。

[edit] アガロースゲル電気泳動

アガロースゲル作成から、DNAバンド観察までのプロトコルです。

[edit] ポリメラーゼ連鎖反応

  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)とは?
DNAを増幅させる手法のことです。
これを使えばたったの2時間で目的の部分のDNAを増幅させることができます。

[edit] PCR

卓上型PCR装置を使ったPCR法のプロトコルです。

[edit] ダイジェスチョン

[edit] ダイジェスチョン

DNAを制限酵素によって切断します。ライゲーションやDNAの長さを確認するために必要不可欠な操作です。

[edit] ライゲーション

[edit] ゲル抽出

アガロースゲル電気泳動後にそのゲルからDNAを抽出する操作です。

[edit] DNA脱リン酸化

  • SAP(Shrimp Alkaline Phosphetase)処理とは?
Self ligationなどの目的以外のサイト同士の結合も、リン酸基が残っているとおきてしまいます。これらの反応は少なくともligation反応を阻害する反応です。特にベクターだけのSelf ligationは目的のDNAが含まれていなくても、oriやマーカーがDNAに含まれているため、菌内で増殖し、かつ、抗生物質も効かないプラスミドができてしまいます。
これを防ぐためにベクター側のリン酸基を処理しようというのが、ここで紹介するプロトコルになります。

[edit] DNAリン酸化

アイジェムチバ2008では未使用。

[edit] ライゲーション

ダイジェスチョンなどで作成した複数のDNA断片を組み替えてつなげる操作です。

[edit] フェノタイプチェック

[edit] T9002 protocol

[edit] time-delay protocol